綺麗にする

街並みを眺める

リフォームという言葉をよく聞く機会が増えました。リフォーム自体は今から50年ほど前に日本に上陸した言葉ですが、当時は埼玉県でもまだリフォームをする住宅がわずかだったのです。なぜなら、リフォームをするためには、当時はまだ数少なかった躯体と壁が分離する住宅である必要があったからです。リフォームと建て替えの違いを考えればわかるとおり、すべてを壊すわけではなく少なくとも躯体は残しておかなければなりません。ですが、当時の住宅は、躯体と壁が分離しているわけではなく非常にリフォームをしにくい形だったのです。 ただ、躯体を壊して建て替えをする場合は、ほとんどの場合躯体まだ20年や30年でも使えることが多かったのです。

ですので、躯体をそのまま使い続け、古くなった内装を新しくするには、住宅を建築する段階で躯体と壁を分離できる住宅のカタチにする必要があったのです。 躯体と壁が分離した作りの住宅がはやり始めてからリフォームをする家が増えてきました。 特に、20年ほど前から人口が急激に増えつづけている埼玉南部ではリフォームは盛んに行われています。リフォーム業者も多く、埼玉県南部でリフォーム業者探しにてこずる事はないでしょう。 埼玉県南部は東京のベッドタウンとして人気があります。東京へも電車で30分以内でいけることから、人口が集中しています。その反面地価が上昇しており、新しく家を建てるのも平均年収を超えるぐらいでないと購入が難しくなっているのが現状です。